やぶ医者問題について沙石集より考える



前回の記事はこちら

沙石集に見るやぶ医者

沙石集にもやぶ医者の記述がありますが、やぶ医者を解説してるわけではありません。
婿と米の話に出てくるので、やぶ医者がここが語源だと言うのも無理があります。
そうで無いと、“嫁のお父さんが苦しむ婿を見て「役にたたねェ医者を呼べ」”というのも
無理な話です。

鎌倉時代の医療現場

そこで、鎌倉時代の医療現場についてたどって見ました
検索キー(鎌倉時代 医者)


で、検索したところ当時の民間医療は僧が担当していたようです。
医者+仏僧となれば話は通じて来そうです。元々は沙石集も寓話であり仏教の本です。

話は戻して、養父に医者+仏僧がいなかったのか?
これには大徳山の修行僧というのがいますし、もっともな
話としては「行基」というのも考えられます。
高中の「不老長寿の水」(こちら)なども行基さんです。

また、養父神社には芭蕉の句碑(こちらを参照)があり、芭蕉の尊敬してた「蓮歌」の
飯尾さんという人も但馬にいました。なので
風俗文選が偽物、偽書と言う訳でもなさそうです。何かしらご縁がありそうです。

やぶ医者問題の発端やぶ医者と風俗文選
やぶ医者問題の結論


最後までご覧いただきありがとうございました。新着情報をお知らせするので良ければ画面下にある購読ボタンをお願いします。もしくはAndroid携帯の方は画面右下の赤いベルを押してください

管理人ー小西尚憲(susi@hunaki.net) 他の運用サイト


寿司ふなきーsusi.hunaki.net
その他雑記帳
雑記帳 blog2.hunaki.net

小規模事業者のHP運用術
昔のブログ
過去のブログ


ブログランキングに参加してます。良かったらクリックして、応援してね
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 養父情報へ
にほんブログ村

兵庫県ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村