何て書くと、神戸新聞社さんからマジで電話が入るので

http://blog.hunaki.net/archives/52083701.htmlー朝倉山椒の表記

この時も記者さんから解説のお電話頂きまして笑笑
懐かしい〜さて

https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201804/sp/0011182503.shtmlーえびすさん?瓦の作り物

記事の最後に

では但馬では、いつ、どのように石州瓦が広まったのだろう?

答えは、

http://www.city.yabu.hyogo.jp/5807.htmー八鹿焼をご存知でしたか?

そう、八鹿焼。新聞記事の写真を見ると、
八鹿、八鹿、八鹿、八鹿の街並みを写してるやないか!
答えやないか。

八鹿焼は、島根県の石州瓦の本場から陶芸の技術者を招いて出発しました。

とは言っても正解かどうかわかりませんが(今更ですが)
石州瓦の普及に八鹿焼が絡んでることは間違い無いです。
ちなみに、瓦の特長である雪止め

これも、生野峠を越えた辺りや青垣町ぐらいまででした。
淡路瓦の屋根の方が屋根の角度が広いですよね。雪を想定してない
からかな。では!

追記
神戸新聞さん電話はお断りします。ごめんちゃい。
追記の追記
もうちょい追記する事があったのですが、文章が長くなると
スマホから見にくいのでまた今度で

最後までご覧いただきありがとうございました。

管理人ー小西尚憲(susi@hunaki.net)

他の運用サイト

寿司ふなきーsusi.hunaki.net

但馬以外のネタ雑記帳ーblog2.hunaki.net

小規模事業主の為のページ運用ーpc.hunaki.net

過去のブログーblog.hunaki.net



ブログランキングに参加してます。良かったらクリックして、応援してね
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 養父情報へ
にほんブログ村

兵庫県ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。