関ヶ原の戦いと但馬国の気質



関ヶ原の戦いにもう二つ。
田辺城の戦い(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84)

大津城の戦い(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B4%A5%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84)

があります。このうち田辺城の戦いに但馬と丹波国連合軍が参戦しています。
今日は細川氏の無血開城の日です。あと2日でメインの関ヶ原で合戦です。
テレビでも特集組まれるかもしれません。

では、なぜ15000vs500で攻撃をためらったのか?
細川氏が天皇家と繋がりがあり貴重な歌集を持っており、
割と、
「なんかえりゃーもんがあるらしいで」「ほんまけぇ、わしゃどないなっても知らんで」
とためらった。
もしくは
「あんた総大将やりねー」「わしゃえーわー、影で言いたい」
と積極的なタイプが少なかった。

もっとも現実的な理由は
「わしゃ、田んぼが気になるわ」「秋祭りの準備がでけへんわ」
と、とりあえず田んぼが気になったので帰った
「あとはどないでもなるわ」と関心も無かった

なんて事を考えつつ、仮に但馬と丹波の連合国軍が三成の前に布陣してたら、、、歴史は変わったかも


最後までご覧いただきありがとうございました。新着情報をお知らせするので良ければ画面下にある購読ボタンをお願いします。もしくはAndroid携帯の方は画面右下の赤いベルを押してください

管理人ー小西尚憲(susi@hunaki.net) 他の運用サイト


寿司ふなきーsusi.hunaki.net
その他雑記帳
雑記帳 blog2.hunaki.net

小規模事業者のHP運用術
昔のブログ
過去のブログ


ブログランキングに参加してます。良かったらクリックして、応援してね
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 養父情報へ
にほんブログ村

兵庫県ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村