カテゴリー
新聞記事但馬欄 未分類

坊主憎けりゃ袈裟までにくい(インフルワクチンについて

インフルエンザワクチンの予防接種について、某神戸新聞さんが「養父市は老人と妊婦と子供が無料」とでて、市民から反感を買ってるようです。

全国的な施作です

天下の新聞も恣意的すぎるので補足説明すれば全国的に今年のインフルエンザワクチンは老人と妊婦と子供は無料になるそうです。無料にならない自治体は自治体の担当者の情報不足です。隣町はやってるから財源を捻り出せと文句を言ってください。

まずは重症化しやすい人から

ワクチンは先に弱毒化したものをうち免疫をつけさせるものなので、「インフルエンザにかからない」という物ではありません。コロナもそうですが、ワクチンに信仰心がプラスされてる気もしてます。まずは手洗い、うがい、規則正しい生活から医療関係者に聞けば分かりますが。なのでまずは10月中に定期接種などの人から10月以降に妊婦や子供、老人となどへ。

ハイリスク層

いわゆる、老人と妊婦と子供は一度インフルエンザにかかると重症化しやすいと言われておりハイリスク層と言われており、今年はコロナとダブル流行が予想されます。なので無料にして早めに接種してもらうのが国の狙いと言えます。

会社の福利厚生として

会社や社保からもインフルエンザ補助がでる場合もあります。聞いてみましょう。個人事業主の人も従業員の接種は経費にできる場合もあるので税理士に聞いてみましょう。

わしらは見捨てられるんか!

と思う必要も特に無いと思います。ワクチンをうっても罹るときは罹ります。

まぁ反市長メディアと言っても

情報は公平にだしましょうぜ〜何も養父市だけが無料になるわけでもないので。選挙対策で無料にするわけでもないので

広告)

良かったらコメントをどうぞ