養父市の事

やぶ医者問題の結論

やぶ医者問題1
やぶ医者問題2
結論 「真相は藪の中」 えーダメかな?まぁ少なくとも養父市説は信憑にかけますし、藪医者は 沙石集より前に広まってると考えられます。また養父市にすごい医者が いた可能性もあると思います。 推論(妄想?) 行基が関西を旅した→養父で休憩→高中で不老長寿の水を見つける→行基立ち去る→行基の弟子が増える→やがて「私も行基の弟子の子供の友達かな」ぐらいの人が増える→仏僧+医者はあてにならないと皆んなが思いだす→江戸時代にたまたま養父に作者来る→この水何?すごいの?その行基って誰?→養父に藪医者どころかすごい医者がいたと話のネタをまとめる→江戸で本を作る (さらに…)

投稿者:susihunaki_dnhlxm48 投稿日時:
Uncategorized

やぶ医者問題について沙石集より考える

前回の記事はこちら
沙石集に見るやぶ医者 沙石集にもやぶ医者の記述がありますが、やぶ医者を解説してるわけではありません。 婿と米の話に出てくるので、やぶ医者がここが語源だと言うのも無理があります。 そうで無いと、“嫁のお父さんが苦しむ婿を見て「役にたたねェ医者を呼べ」”というのも 無理な話です。 (さらに…)

投稿者:susihunaki_dnhlxm48 投稿日時: