青渓書院のモミの木を伐採するようですーあとベルマークを集めてます

樹齢170年超のモミの木伐採へ 但馬の巨木100選の一つー神戸新聞https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201809/sp/0011596465.shtml

えーそうかやっぱり枯れてたのか。と言うわけで伐採されるようです。残念
前回の記事(こちら)(訪問記)
にて、グーグルストリートビュー撮影してます。360度撮影してみると
モミの木の大きさがよく分かります。最後に撮影できて良かったです。
グーグルマップにも登録しています
青谿書院(漢学塾)
〒667-0003 兵庫県養父市八鹿町宿南101
079-662-4378
https://goo.gl/maps/hqBPYsoXB3t

北垣国道さんとか塾生の植えたモミの木らしいです
“青渓書院のモミの木を伐採するようですーあとベルマークを集めてます” の続きを読む

神戸新聞さんの想い引き継ぎましょうpart2

神戸新聞社さんの想い引き継ぎましょうpart1

→ざっくり言うと
1、神戸新聞社さんの記者さんは神戸や姫路暮らしやった、但馬に引っ越して屋根の鬼瓦に大黒様などの使ってるのに疑問を持った。なぜか分からないが石州瓦の普及に関係あるのでは?という結論だった
2、管理人の追加調査、石州瓦の流れをくむ八鹿焼というのが明治から大正や昭和まであったのでこれが関係あるのでは?

追加調査(養父市内でいろいろ聞いてきました)
1、但馬地方の願掛けか?
回答、そうでもない。福知山でも見たよ
うそーとグーグルストリートビューで確認したところ、確かにありました。
石州瓦の業者さんがいるようです

2、立誠舎の八鹿焼
立誠舎の八鹿焼には鬼瓦に大黒様も見あたりませんでした。

代わりに打ち出の小槌でした。大正時代の瓦なので確かに赤っぽい気もします。
でもこの辺の土を使うのを基本とするやり方のようです。

3分布図
ひと通りグーグルで検索したところ、岡山、広島、佐賀、福岡などあちこちで使用してるようです

石州瓦の普及経路

この一つとして八鹿焼も生まれたかも?

4、但馬での瓦の使用

但馬の昭和[本/雑誌] (単行本・ムック) / 樹林舎

価格:10,275円
(2018/4/22 15:37時点)
感想(0件)

を見て見ると、古い建築の屋根はトタンや木の板なので瓦は使ってない
まぁ宿南の青渓書院(過去記事リンク)も半分はトタンなので。
写真集を見てみると戦後の普及がメインかも

結論
戦後の裕福な時代に余力のできた家から
ちょっと豪華な鬼瓦でとえびす様などを使うように
なったのではないか?養父市の話のネタとして
八鹿焼があって鬼瓦に福の神を使い
石州瓦の流れをくむんですよというのは
ありかな?神戸新聞さんきっかけをありがとう。
普段見慣れてる光景からの新たな発見でした

余談
名草神社や三重の塔(過去記事)とか養父神社(過去記事)は檜皮の屋根ですね〜